読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食養 と 月のリズム de

マクロビ(食養)を取り入れながら 月の星座に合わせて 心身をケアする

『マクロビオティックはじめました。』を読んで。カンタンにできるけど、、、

チョコは毎日、食事はパンばかりの偏食ママですが

 

憧れている、理想の食生活はマクロビです。

https://www.pakutaso.com/assets_c/2015/06/PAK86_yasainorostkogasibata-20130825-thumb-autox1600-16889.jpg

えー。無理でしょー。

って感じもするのですが、憧れは自由です。笑

 

でももしかしたら、出来そうだな?と思えたので、書かせていただきます。

 

マクロビの基本はなんといっても玄米食

米食は実家のころから親が作ってくれていたので、慣れているし、とても好きな味です。ただ単に、子供が食べないので今は作っていないだけ。

なので、玄米食については私が買えばOKなのでクリアできそうなんですが、

 

その他のマクロビの大きな特徴が、ちょっとハードル高い。

 

肉・魚・乳製品を摂らない。

乳製品・砂糖を摂らない。

野菜は無農薬。

添加物が入っているものを摂らない。

 

ほかにも細かいルールは沢山ありますが

(出来れば玄米は土鍋で炊くとか、IH調理器具も多分NGかと、、)

 

この4つは、本当に難しい。

 

でも、農薬や添加物が健康にあまり良い影響を与えていなだろうことや

肉・魚・乳製品を摂る必要があまりないことは

うすーくですが感じているので

 

実践してみたいのです。

 

そこで今回読んでみたのが

『マクロビオティック、はじめました。』

オーガニックベース 編

 

 

 

この本の中では、様々なライフスタイルの方が実践されているマクロビのやり方や

メニューが紹介されているのですが、

 

読んで感じたことは、2つ、プラスなこととマイナスなこと。

 

プラスなことは、結構みなさん完璧は目指しておらず

甘いものやコーヒー、辛いものもやめられない。

みたいな方もいたこと。

2,3年かけて、自分の体が納得していく形で少しずつ変えていけたということ。

 

これが、私でも出来るかも。と感じられて良かったです。

(それがこの本の狙いかなとも思います。)

 

マイナスなことは

簡単に出来る!という理由は、やはり

調味料やレトルトや冷凍食品を

そういうもの(無添加・マクロビ用のもの)だけにして購入しているから。おのずと、作るものはマクロビになるわけですね。

 

それは、食費節約中の偏食ママにとっては

ちょっとハードルがあがってしまうんですよ、、

 

何故って、マクロビのための原材料は基本手間暇かけられて作った

無農薬野菜や無添加調味料なので、価格が高いのです。

 

まあそこも、完璧を目指さずまずは醤油から、とかでもいいのかもしれませんが。

 

マクロビ食材やオーガニックの専門ショップにいくと、

「はあ、、高い、、。」

と言って買わずに出るのがいつものパターン。

 

良いものは高くても買わなくては、と思いますが

 それで続くかな?とか家族が食べてくれるかな?とか考えると

 なかなか手が出ないのですよね。

 

例えば、これらの醤油は、マクロビ料理の必要条件をクリアしているのですが

やはり価格は通常のもの(キッコーマンなど)の倍します。

 

マルシマ 有機杉樽しょうゆ 濃口 900ml

 

 

金笛 丸大豆醤油1L

 

ただ、美味しい!!とレビューにも載っていますので、

ほぼ毎日料理につかう調味料、その差はいかほどか、

 

試してみる価値はあるのかな、と思います。

 

この本の中の

マクロビを実践している方は、体がこの食事に慣れてくると、

そっちを自然と欲するようになる。

肉や魚、乳製品を、自分で納得して、あ、必要ないな

徐々に減らしていっている。と言っている方が多くいました。

 

中には格闘家の方もいて、肉・魚無しでも

十分に筋肉はしなやかに動き、持久戦に向く身体に出来ている。

ということが書かれていました。これはびっくりしました。

 

 

マクロビを少しずつ取り入れていって、どんな風に食生活がかわっていくかも、

またブログに書き留めていこうと思います。

 

お読みいただきありがとうございました☆